オク秘録=PANxDA(オリジナルシナリオ)情報ページ

詳細は http://www.euraum.com/ へ 第3章途中まで漫画でも掲載中です

ナレジ国について

(最終更新 17/12/13)

概要

この世界で最も古い国とも言われる島国。
ミカドに忠誠を誓う真面目な人間が多いが、時折、他国に理解できない独特のノリを発揮する。
資源戦争では戦力としては中規模でありながら、その団結性から高い勝率を誇る。

信仰

自然や物にも魂・神が宿ると考えている国民が多く、中でも月への信仰はこの国の柱であり、国民の心に大きく根付いている。

月への信仰と月位(がち・がつい)導師伝説

月には半人半神の神が住み、満ち欠けする月はその心を表していると信じられている。
月が満月に近いほど、神として強い力・心を持ち、
月が新月に近いほど人としての心が表れ、その心に迷いが生じているとされている。(月食の時も同様)

それ故に厳格な神と言うよりも、ナレジの国民にとっては時に親しみをもって信じられている。

特に月食の折は、人としての迷いにあえぐ心が強くなるとされており、
伝説ではそんな神の心を救うべく、地上から<月位(がち・がつい)導師>が現れ、月へ向かうと信じられている。

また、(およそ)6の月から8の月の間に起こる新月月食があれば月食)については、その様子を再現する祭りが開催され、毎年、導師役に有名人・著名人(男性)が選出される。
(いつ開催されるかは国から伝えられる)

月位導師は、迷いを断ち切る大きな武器(剣or槍)を持っているとされている

※ 勿論本当に月行く訳ではない; この世界ではタブーの一つとしてこの星から出る事が出来ず、どんな状態でも宇宙空間に出ると死んでしまう。 ※別記予定